スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

試験の思ひ出。

だいぶ昔のことなんですが、
久しぶりに思い出したので、書いてみます。

あれは北京時代だから、確か6年前。
当時私は留学生で、専門分野の聴講生みたいな身分で。
留学生クラスだけでなく、中国人のクラスでも、自分の聞きたい授業があれば、
申込んで、聞きに行くことができたんですよ。

で、中国人本科生の、ある授業を聴講していて。
これが専門分野の中でも分化した、マイナーな分野で、
中国人学生は、必修ではなく、選択授業だった。

そして、この授業を聴講していた留学生は、私と、友人のベルギー人のEの二人でした。
Eとは専門が近かったんですね。
そして二人とも、非常に真面目な学生だった。

1学期にわたる授業がすべて終わり、学期末の試験には、私とEも参加。
後の勉強で必要な科目なので、試験勉強は二人ともかなりやっていた。

さて、試験当日。
試験会場は小さめの教室で、席は自由。
私とEは最後列に座りました。

そして、試験が始まり。
ふと前方を見ると。
中国人学生が何人も、教科書を机の下に広げて、それを見ながら答えを書いている。

その人数があまりに多く、
教科書の広げっぷりも(机の上ではないにしろ)堂々としていたので、
最初私は、「あれ?これ、教科書見てもいい試験だったんかな?」と思ったくらい。
(教科書持込が許される試験というのもあった)

しかしそんなわけはなく。
ようやくカンニングだと気づく。
見れば、ほとんどの学生がカンニングしてる。
監視役の先生は、知ってか知らずか、動き回らず、前に立ってるだけ。

試験が終わった後、Eも、
「びっくりした!私も思わず教科書見ようかと思った」
といってましたが、
おそらくあの試験でカンニングしてなかったの、留学生の私とEだけじゃなかったか・・・?
てくらい、中国人学生、カンニングしまくってました。

まあ、彼らにとっては、選択科目で、
その専門に進む人以外には役に立たない学科だし。(実際、選択してる人数も少なかった)
合格できればそれでいいって思ってたんでしょう。
先生も、ひょっとして、みんなカンニングしてるの知ってて見逃してたのかも。

あ、念のためいっておくと、中国人学生がカンニングしてるの見たのは、
この1回だけです。
ほとんどの学生はとても真面目で、授業中も寝たりしない。
でも、こういうこともあったんですよ。

中国人学生の真面目さに感心していた当時は、衝撃を受けたけど、
今となってはなつかしい、試験の思い出。
COMMENT : 2
TrackBack : 0
CATEGORY : 生活 |

COMMENT

うんうん
世界中どこでもそうだけど日本人は真ん中あたりに均質に固まってる ほとんどの国の人は優秀な人とそれ以外の格差が信じがたいくらい激しい もう同じ国で人種が違うって感じ 中国の人も優秀な人たちは本当に真面目で執拗なくらい 数少ないとはいえ母数が巨大ですから優秀な人が多いわけだ 日本はこれからこの厳しい世界で生き残れるのかしら
2009/10/18(日) 00:24:33 | URL | あけ #b83lj6xM[編集]
>あけ さん
大学受験は日本よりはるかに厳しいから、大学生はみんな良く勉強しますね。そもそも全寮制で1部屋4~8人、一人で過ごせる空間なんかないから、授業のないときも図書館や教室で勉強してるし。そんな姿を見てたから、「中国人もカンニングする」というのを見たときはショックでした。ま、日本よりはるかに少ないと思いますけど・・・・・
2009/10/19(月) 00:09:15 | URL | きだまうみ #X0ZrUaTA[編集]

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

きだまうみ

Author:きだまうみ
北京→広州→現在上海。
趣味はチェロと合気道。
深海魚好き。
kidamaumi@hotmail.com


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ

未分類 (1)
食べ物 (34)
生活 (45)
チェロ (36)
買い物 (8)
つぶやき (7)
合気道 (10)


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


Copyright © 上海でも*飲茶生活 All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。